目指せシングル 現役レッスンプロが教えるゴルフ上達練習方法


ゴルフ上達無料メルマガ登録はこちらをクリック 登録で3大プレゼント中
1.パターの極意をまとめたPDF 2.100切り診断テスト 3.オンラインスイング診断(1回)


【注目記事】最速で上達する「ゴルフ力UPレッスン2.0のDVD」のレビューはこちらをクリック

LINEに登録で1回無料でスイング診断 詳しくはこちらをクリック

ドライバーで先端に当たってしまう原因と直し方


ドライバーを気持ちよく振ったら、フェースの先端(トゥ寄り)に当たってしまい、フックになってしまったり、もしくは右に飛んで行ってしまったりしてしまったことはありませんか?

いくらいいスイングをしてもフェースの先端(トゥ寄り)で打ってしまいますと、当然最大の飛距離が出ませんし、練らあったところにボールを打っていくことができません。

ですので、フェースの芯にしっかり当てられるようにしたいものです。そこでヘッドの先端(トゥ寄り)に当たってしまう原因と直し方について解説させていただきます。

スポンサーリンク

ドライバーでヘッドの先端(トゥ寄り)に当たってしまう原因 アドレス

まずドライバーのヘッドの先端(トゥ寄り)に当たってしまう時には、アドレスをチェックしてください。アドレスでボールから遠くに立ちすぎていないかどうかを見てください。あまり遠くに立ってしまいますと、クラブヘッドがボールに届かないので、ドライバーの先端(トゥ寄り)に当たってしまいます。

また逆に近くに立ちすぎてしまっても、ヘッドの先端(トゥ寄り)に当たってしまうこともあります。普通であれば近くに立ちすぎるとヒール寄りに当たってしまうのですが、スイング中に無意識のうちにヒールに当たるのを感じてしまい、ヒールに当たらないように調整してそれをやりすぎてしまうと、逆にヘッドの先端(トゥ寄り)に当たってしまうこともあります。

アドレスで体とボールまでの距離が遠かったり近かったりしてしまうと、ドライバーのヘッドの先端(トゥ寄り)で打ってしまう可能性があるのですが、同じように、前傾の角度も重要です。あまり前傾が浅すぎたり、深すぎたりしていないかどうかチェックしてください。

ドライバーの前傾角度はだいたい30度くらいが適正です。そして、体とボールの距離のチェックの仕方ですが、後方から見たときの手の位置を見てください。

アイアンの場合は手は肩の真下になるのが正しい位置で、ドライバーの場合は手は肩の下よりも少し前(体から遠く)になるのがただしい位置です。

アドレスでの前傾角度が起き上てしまうと、インパクトで手が浮き、クラブヘッドの先端にボールが当たってしまいます。アドレスでの前傾角度が間違っていると、スイング中にその前傾角度をキープしてスイングすることができません。特にアドレスで前傾角度が深いと、そのままスイングするのは苦しいので前傾角度が起き上ってします。そうなると、インパクトで手が浮きクラブヘッドの先端にボールが当たってしまいます。

手が浮いてしまう原因についてはこちらの記事を参考にしてください。
ゴルフスイングで手が浮くとは?その原因と修正法とドリル

ドライバーでヘッドの先端(トゥ寄り)に当たってしまう原因 アウトサイドイン軌道

ドライバーでヘッドの先端(トゥ寄り)に当たってしまう原因は、大きく2つあります。それはクラブヘッドの軌道と、前傾角度です。まずクラブヘッドの軌道ですが、アウトサイドインの軌道で振ってしまうとドライバーのヘッドの先端(トゥ寄り)で打ってしまいます。

スポンサーリンク

アウトサイドインに振ってしまうと、インパクトで正しい位置よりもクラブヘッドがインサイドになってしまうので、インパクトではヘッドの先端でボールを打ってしまいます。

アウトサイドインになってしまう原因は、2つあります。バックスイングで肩の回転不足と、切り返しのタイミングが早いことです。

まずバックスイングで肩の回転不足です。肩がしっかり回転できていないと、ダウンスイングで正しいところから手やクラブを下ろすスペースがありませんので、アウトサイドインの軌道になってしまいます。

またバックスイングで肩の回転が浅いと、ダウインスイングで少しでも肩が左(ダウンスイング方向)に回転してしまうと、それに伴い手やクラブヘッドも前(アウト)になってしまいますので、アウトサイドインの軌道になってしまいます。

あと切り返しのタイミングが早いということですが、切り返しのタイミングが早いというのは、言い換えると、ダウンスイングで肩が左(ダウンスイング方向)に回転し始めるのが早いということです。

切り返しでの正しい動きは、まず下半身から動きます。腰から動きその腰の動きにつられて肩が動きます。腰と肩が一緒にダウンスイング方向に動いてしまうと、切り返しのタイミングが早くなってしまいます。

どうしたら腰から動かせるかというと、バックスイングの途中で腰をダウンスイング方向に動かすことです。トップから腰だけをうごかそうとしても、なかなかうまくできずに、肩と一緒に動いてしまいます。

ですので、バックスイングで手が一番上に上がりきる直前に腰をダウンスイング方向に動かしてください。そうすることで、肩をダウンスイング方向に動かさずに腰だけを左に動かすことができ、アウトサイドインの軌道になりません。

ドライバーでヘッドの先端(トゥ寄り)に当たってしまう原因 前傾角度

ドライバーでクラブヘッドの先端(トゥ寄り)にボールが当たってしまう原因は、前傾角度が起き上がってしまうことです。前傾角度が起き上ってしまうと、手が浮いてしまうので、クラブヘッドの先端にボールが当たってしまいます。

前傾角度が起き上てしまうのは、肩の回転方向が間違っているからです。正しい肩の回転方向は、背骨に対して直角に回転するのがいいのですので、バックスイングでは左の肩が少し下がり、インパクトでは右肩が少し下がるのが正しい動きになり、あごの下に肩がくるイメージになります。

肩が水平に回転してしまうと、前傾角度が起き上がってしまい、前傾角度が崩れてしまいます。バックスイングでは意識して背骨に対して肩を直角に回して前傾角度を維持しやすいですが、ダウンスイングで起き上ってしまうことが多いです。

ダウンスイングはスイングするのに夢中になってしまいますので、前傾角度が崩れやすくなってしまいます。特に高い球を打とうとしたり、強くボールをヒットしようとすると前傾が起き上ってしまいやすくなります。

あとバックスイングのあげ方に問題があって、ダウンスイングで前傾が起き上ってしまうこともあります。

バックスイングで手をインサイドに気に過ぎてしまい、トップでの手の位置が後ろになりすぎてしまうと、普通にダウインスイングを行うと、体がインパクトの形を迎えていても、手とクラブヘッドが遅れてきてしまうので、送らせないように、上体が左に突っ込んでしまったり、おなかが前に出てしまい、前傾が起き上ってしまったりしますので、バックスイングで、手や腕が体の正面(胸の前)にあるように意識してバックスイングを上げるようにしてください。

まとめ

ドライバーでヘッドの先端にボールが当たってしまうと、フックしてしまいますし、もっと先のクラブヘッドのかなり先端に当たってしまうと、真右に飛んでしまいますので、なかなか思ったところにボールを飛ばすことは難しいです。

ですので、フェースの芯で打てるように練習をしてください。フェースの芯で打てるようになれば、方向性はよくなりますし、代々の飛距離をだすことができますので、当然スコアもよくなります。

フェースの芯で打てるようになるには、まず正しいアドレスで構えるようにしていただき、スイングでは、アウトサイドインにならないようにし、前傾をしっかりとキープしたままスイングできるようにしてください。

是非この記事をさんこうにしていただき、フェースの芯でボールを捉えられるようになってください。

スポンサーリンク
  電話での予約と予約サイト楽天GORAでの予約それぞれのメリットとデメリット

【注目記事】最速で上達する「ゴルフ力UPレッスン2.0のDVD」のレビューはこちらをクリック

LINEに登録で1回無料でスイング診断 詳しくはこちらをクリック

ゴルフ上達無料メルマガ登録はこちらをクリック パッティングの極意をまとめたPDFをプレゼント中

    

特集記事一覧



運営者情報

日本プロゴルフ協会会員

ティーチングプロ

野山佳治

動画にて自己紹介

運営者情報

レッスン情報

ライン登録でスイング診断が1回無料

友だち追加
ラインに登録していただきますと、あなたのスイングを無料で 1回診断いたします。

ライン登録後あなたのスイング動画をお送りください。

LINEを使ったスイング診断  詳しくはこちらをクリック

ゴルフ力UPレッスン2.0

「なぜ」を知り、ゴルフ力を上げスコアUPする

ゴルフ力UPレッスンのDVDはこちらをクリック

【ゴルフ上達無料メルマガ】登録で3大プレゼント中

ゴルフ上達無料メルマガに 登録していただいた方に
3大プレゼント中
1.パターの極意をまとめたPDF
2.100切り診断テスト
3.オンラインスイング診断

ゴルフ上達のためのヒントを 配信しているメルマガです ゴルフ上達無料メルマガ登録はこちらをクリック

サイトマップ