目指せシングル 現役レッスンプロが教えるゴルフ上達練習方法


ゴルフ上達無料メルマガ登録はこちらをクリック 登録で3大プレゼント中
1.パターの極意をまとめたPDF 2.100切り診断テスト 3.オンラインスイング診断(1回)


【注目記事】ゴルフのサブスク年会費59,800円で回り放題のTeeRexはこちらをクリック

LINEに登録で1回無料でスイング診断 詳しくはこちらをクリック

ゴルフスイングで起き上がりの原因と直し方を徹底解説これでスライスやシャンク激減

スイング中に起き上がってしまうと、様々なミスショットが出てしまいます。トップやスライスそしてシャンクも出てしまいますので、一刻も早く起き上がりを直して前傾角度をキープしてスイングしたいものです。そこで、なぜスイング中に起き上がってしまうのか、その原因と直し方について徹底解説いたします。

スポンサーリンク

ゴルフで起き上がるとスライスやシャンクが出てしまう

ダウンスイングで前傾角度が起き上がってしまうと、スライスやシャンクが出てしまいますが、なぜかというと前傾角度が起き上がることにより、手元が浮いてしまうためフェースが開きやすくなるからです。

ダウンスイングで前傾が起き上がると、お腹が前に出てしまいます。お腹が前に出てしまうと、つられて手元が前に出て浮いてしまいますので、フェースが開きスライスやプッシュ、シャンクが出やすくなります。

フェースが開くことにより、プッシュやスライスが出てしまうのは、イメージが付きやすいと思いますが、シャンクはフェースが開いてクラブがインサイドから下りることにより出ます。

前傾角度が起きると、クラブがインサイドからおりやすくなります。インサイドから下りることと、フェースが開く事が起こるとシャンクが出やすくなります。また、前傾が起こり手元が浮くとクラブヘッドが構えていたところよりも前にでやすくなりますので、ヒールよりにボールが当たりやすくなりますのでシャンクしてしまいます。

 

このように、スイング中に起き上がってしまうと、フェースが開きますので、スライスやプッシュそしてシャンクなど右へのミスが多く出てしまいます。

年会費59,800円でラウンドし放題のサブスクはこちらをクリック

ゴルフスイングで起き上がってしまう原因①前傾角度が深い

ではなぜスイング中に起き上がってしまうかですが、いくつが原因があります。まず、アドレスでの前傾角度をチェックしていただき、深すぎないか確認してください。

アドレスで前傾角度が深いと、そのままスイングするのは苦しいので、バックスイングや、ダウンスイングで起き上がりやすくなります。

どのくらいの前傾角度がいいかということですが、だいたいドライバーで30度、サンドウエッジで45度くらいが目安になります。それ以上前傾角度が深いとスイング中に起き上がりやすくなります。

ゴルフスイングで起き上がってしまう原因②肩の回転方向が違う

アドレスでの前傾角度が正しくても、肩の回転方向が間違っているとスイング中に起き上がってしまします。

正しい方の回転方向は、肩を背骨に対して直角に回すようにしていただくといいです。肩の回転方向が横(水平)になってしまうと起き上がってしまいます。

バックスイングでは左肩を下げるようにして、背骨に対して直角に回転すると、前傾角度をキープしてクラブをあげることができます。イメージとしては、あごの下に左肩を持ってくるイメージです。

お得にコースをたくさん回るにはTeeRex

ゴルフスイングで起き上がらないようにするには

スイング中に起き上がらないようにするには、アドレスで前傾を深くしすぎないようにすることと、肩の回転方向を意識することはもちろん大事なのですが、その他にも意識していただくといいことがあります。

起き上がらないようにするには①お腹を前に出さない

スイング中にお腹が前に出てしまうと、前傾角度が起きてしまいますので、バックスイングでもダウンスイングでもお腹が前に出ないように意識してスイングしていただくといいです。

スイング中に起き上がりやすいのは、始動と、トップ直前そして、ダウンスイングですが、まずどこの位置で起き上がっているかを確認していただき、その起き上がっているところでお腹が前にでないように気を付けてください。

そして、お腹を意識しずらいようであれば、お尻を意識していただいてもOKです。お尻を前にださずに、後ろに出すいイメージを持っていただくのも有効です。

起き上がらないようにするには②胸を右ひざに近づける

バックスイングで起き上がってしまう時には、胸を右ひざに近づける意識を持っていただくと起き上がりを防止することができます。

起き上がらないようにするには③股関節の角度を深くする

バックスイング時や切り返しの時に、股関節の角度(お腹と太ももの間の角度)を意識していただくといいです。起き上がってしまっているときは、股関節の角度が浅くなっていますので、股関節の角度を深くする意識を持ってスイングしていただくと、起き上がらなくなります。

起き上がらないようにするには④重心をつま先よりにかける

スイング中に起き上がってしまうと、かかとに重心がかかります。バックスイング時や切り返し~インパクトでかかとに重心がかかると起き上がってしまいますので、つま先よりに重心をかけるように意識していただくと、起き上がりを防止することができます。

月に1回以上コースに行くならこちらがお得です

ゴルフ前傾姿勢維持ドリル①肩にクラブを担いでスイング

スポンサーリンク

スイング中に起き上がらないようにするための練習方法ですが、クラブを肩に担いで前傾し、背骨に対して肩を直角に回転させるように体を回していただく練習をおこなっていただくといいです。

バックスイングで左肩をあごの下に持っていき、ダウンスイング~インパクトでは右肩をあごの下に持っていくように意識しておこなってください。

この練習方法は鏡を見ながらおこなっていただくと、効果が高くなります。鏡を見ながら頭の高さが変わらないようにしながら体を回すようにしてください。

ゴルフ前傾姿勢維持ドリル②右足を後ろに引いてスイング

ダウンスイングで起き上がらないようにするための練習方法ですが、アドレスで右足を後ろに引いた状態でハーフスイングくらいでボールを打つ練習をしていただくといいです。

右足を後ろに引いた状態だと、それ以上お腹が前に出なくなりますので、前傾角度をキープすることができます。このドリルで前傾をキープする感覚を掴んでから普通にアドレスして練習していただくと起き上がらなくなってきます。

お得にラウンドの回数を増やすにはこちらをクリック

ゴルフ前傾姿勢維持ドリル③切り返しで股関節を深くする

切り返し~ダウンスイングで起き上がってしまう時に有効な練習方法ですが、トップで一度止まり、股関節の角度を深くしてからダウンスイングをおこなって下さい。

ドリルですので少し大げさにおこなっていただくと効果が高くなります。股関節の角度を切り返しで深くする感覚がつかめれば、起き上がってしまうミスをなくすことができます。

ゴルフ前傾姿勢維持ドリル④頭を壁につけて素振り

起き上がっているときには、頭が上に上がってしまっていますので、頭の位置を意識して練習をおこなってください。

クラブを持たずに壁に頭を付けて体を回す練習をおこなってください。そうすることで起き上がらない感覚をつかむことができます。

まとめ

スイング中に起き上がらないようになると、体とボールの距離が変わらなくなりますので、クラブヘッドがボールに届かずにトップしてしまうミスが減りますし、インパクトで手元が浮かなくなりますので、シャンクがでなくなりますし、フェースが開きにくくなるので、スライスやプッシュのミスも出にくくなります。

練習場では起き上がっていてもナイスショットを打つことができるかもしれませんが、コースで傾斜からショットするときなどは、少しでも起き上がりがってしまうと、上手くボールを捉えるのが難しくなりますので、今回ご紹介させていただきました練習ドリルをおこなっていただき、起き上がりを直してください。

スポンサーリンク
  電話での予約と予約サイト楽天GORAでの予約それぞれのメリットとデメリット

【注目記事】最速で上達する「ゴルフ力UPレッスン2.0のDVD」のレビューはこちらをクリック

LINEに登録で1回無料でスイング診断 詳しくはこちらをクリック

ゴルフ上達無料メルマガ登録はこちらをクリック パッティングの極意をまとめたPDFをプレゼント中

    

特集記事一覧



運営者情報

日本プロゴルフ協会会員

ティーチングプロ

野山佳治

動画にて自己紹介

運営者情報

レッスン情報

ライン登録でスイング診断が1回無料

友だち追加
ラインに登録していただきますと、あなたのスイングを無料で 1回診断いたします。

ライン登録後あなたのスイング動画をお送りください。

LINEを使ったスイング診断  詳しくはこちらをクリック

お得にラウンドするならゴルフのサブスク

【ゴルフ上達無料メルマガ】登録で3大プレゼント中

ゴルフ上達無料メルマガに 登録していただいた方に
3大プレゼント中
1.パターの極意をまとめたPDF
2.100切り診断テスト
3.オンラインスイング診断

ゴルフ上達のためのヒントを 配信しているメルマガです ゴルフ上達無料メルマガ登録はこちらをクリック

サイトマップ