目指せシングル 現役レッスンプロが教えるゴルフ上達練習方法


ゴルフ上達無料メルマガ登録はこちらをクリック 登録で3大プレゼント中
1.パターの極意をまとめたPDF 2.100切り診断テスト 3.オンラインスイング診断(1回)


【注目記事】最速で上達する「ゴルフ力UPレッスン2.0のDVD」のレビューはこちらをクリック

LINEに登録で1回無料でスイング診断 詳しくはこちらをクリック

ゴルフ後半崩れる原因と対処法 突然のスライス、フック、シャンクをなくす

午前中はまずまずのスコアで回り、後半の出来次第ではベストスコア更新なんて時に限って、調子が悪くなってしまい、スコアを崩してしまい、ラウンドを終わってみれば、いつも通りのスコアになってしまい、がっかりしてしまうことはありませんか?

前半ではショットがビシビシあたり、狙ったところにボールを運べていたのに、食事をして後半スタートしたとたんにまるで午前中と別人のようになってしまう。ビールを飲んだわけではないのに、なぜか当たらなくなってしまったり、スライスやフックなどが出てしまったりしませんか?

そこでなぜ後半スコアを崩してしまうのか?どうしたら前半の調子を維持できるのかについて解説させていただきます。

スポンサーリンク

後半スライスしてしまう原因と対策

前半はいい感じでラウンドできていても、後半になると、スライスしてしまう原因はいくつかありますが、一番多い原因は、疲れてくると前傾が深くなってしまって、バックスイングで肩の回転が浅くなり、クラブへッドの軌道がアウトサイドインになり、インパクトで上体が開いた状態でインパクトしてしまうことです。

また前傾が浅くなっている状態でスイングするのは苦しいので、スイング中に起き上がりやすくなります。起き上がってしまうと、フェースが開くので、スライスしてしまいます。また疲れてくると、切り返しのタイミングが早くなってしまい、スライスしてしまうことがあります。

ラウンドの後半でスライスさせないようにするための対策は、まずアドレスで前傾が深くならないように、背筋を伸ばし頭をあげるようにしてください。そして、スイングではバックスイングでしっかり肩を回すように意識してください。

それからタイミングが早くならないようにしたいのですが、そのためにはボールを打つまでのセットアップの手順をいつも同じようにできるようにしてください。そうすることでいつも同じタイミングで打てるようになります。

後半フックしてしまう原因と対策

後半にフックしてしまうのは、疲れてきてアドレスでの前傾が深くなったりして体の回転ができなくなってしまい、腕だけを振ってスイングしてしまうと、フェースが返りやすくなりフックしてしまいます。

あと疲れてくると、ダウンスイングで左足に重心を乗せることができなくなってしまい、右足重心で打ってしまうと腕が返ってしまいフックしてしまいます。

ラウンドの後半でフックさせないようにするには、アドレスで頭を上げ、背筋を伸ばしてください。そうすることで体を回転させやすくなります。

バックスイング、フォローともにしっかり肩を回すように意識していただくといいのですが、そのためには、手や腕がいつも体の正面(胸の前)に常にあるように意識してスイングしてください。また特にフォローで肩の回転が止まらないように、右の肩を目標方向に向けるような意識をもってスイングしてください。

それから切り返しのタイミングが早くなってしまうと右足に重心があるままスイングしてしまいますので、左足にしっかり重心がの乗ってからスイングするようにしてください。

そしてフィニッシュではほとんどの体重が左足に乗るように、右足はつま先で立ち、足の裏がしっかり後方を向くようにしてください。フィニッシュでは右足は上げようと思えば、地面から上げられるように、ほとんどの体重を左足に乗せてください。

スポンサーリンク

後半引っ掛けてしまう原因と対策

ラウンドの後半に引っ掛けが出てしまうのは、疲れてくるとアドレスの前傾が浅くなってしまったりして、肩の回転が浅くなってしまい、ダウンスイングがアウトから下りてきてしまうため引っ掛けがでてしまいます。

疲れてくるとアドレスの前傾が浅くなってしまったりして、

あとバックスイングではしっかり肩が回転しても、疲れてくると切り返しのタイミングが早くなってしまい、アウトサイドインの軌道になってしまい引っ掛けになってしまいます。

ラウンドの後半で引っ掛けが出ないようにするためには、まずアドレスで前傾が深くならないように注意し、背筋を伸ばしてください。そしてバックスイングでしっかり肩が回転できるようにしてください。そのための意識としては、バックスイングで胸を後方に向けるように意識してください。

後半シャンクしてしまう原因と対策

「ペチッ」という音とともに何とも嫌な感触が残るシャンクは、ラウンド中に突然出ることがあります。なぜシャンクがラウンドの後半で出てしまうかというと、疲れてくると、アドレスでの前傾が深くなってしまうと、スイング中苦しいので、ダウンスイングで起き上がりやすくなってしまいます。

起き上るときに手が浮いてしまうとクラブヘッドのヒールにボールが当たってしまいシャンクしてしまいます。ではどうしたらシャンクが出ないようになるかというと、アドレスで、前傾が深くならないようにし、手と体が近くなりすぎないようにしてください。アイアンの場合手は肩の真下になるのが正しい位置です。

前傾したら腕の力を抜きダラッと下げた状態でクラブを握ってください。あと逆にアドレスで前傾が浅かったり、バックスイングで起き上がってしまったりしてしまうと、そのままではボールに届かないので、ダウンスイングで突っ込んでしまい、シャンクが出てしまうことがあります。

そしてアドレスは正しく構えられていても、シャンクが出てしまうことがあります。それは前半のラウンドでアウトサイドインの軌道でクラブを振ってしまい、左へのひっかけやスライスが多く出ていたので、それが出ないようにクラブヘッドの軌道をインサイドアウトに振ろうとする気持ちが強くなりすぎてしまい、ダウンスイングで手が浮いてしまい、インサイドからフェースが開いて下りてきてしまうとシャンクしてしまいます。

それではどうしたらラウンドの後半でシャンクが出ないようになるかというと、まずアドレスで前傾を深くしないようにすることと、ボールに近くに立ちすぎないようにしてください。

スイング中に気を付けることは、前傾の角度がスイング中に変わらないように意識し、ダウンスイングで手が浮かないように、左の脇を締めるようにしてください。そうするとクラブが立って降りてくるのでシャンクが出ないようになります。

ラウンドの後半で崩れてしまう原因と対策

ラウンド後半に崩れてしまう原因ですが、まず疲れてくるとアドレスが変わってしまうことです。前傾が深くなってしまったり、背中が丸くなってしまったりするのが大きな原因です。

あと疲れてくると集中力がなくなってきます。集中力がなくなってしまうと、スイングが変わってしまうのはもちろんですが、コースマネージメントをあまり考えなくなってしまい、投げやりなラウンドになってしまいます。

後半崩れないようにするには、疲れてきたらストレッチを行うようにしてください。ストレッチをすることにより、疲れが軽減されます。特に簡単にできる脚などのストレッチを行うようにしてください。

あとメンタルも大事です。ミスショットが続きいいスコアではラウンドできなそうになると、切れてしまい集中力をなくして投げやりなラウンドになってしまいがちですが、一回切れてしまうと、切れ癖がついてしまいます。

数回ミスショットすると、すぐに切れてしまうようになってしまいます。ですので、いいスコアではラウンドできなそうになっても最後の一打をカップインさせるまで集中力を切らさないようにしてください。

まとめ

ラウンドの後半に崩れないようにするには、まずアドレスを正しく構えるようにし、調子が悪い日も集中力を切らさないように最後の一打まで丁寧にラウンドしてください。

フックボールを直すにはこちらの記事も参考にしてください
ゴルフフックボールの原因と直し方を徹底解説

スポンサーリンク
  電話での予約と予約サイト楽天GORAでの予約それぞれのメリットとデメリット

【注目記事】最速で上達する「ゴルフ力UPレッスン2.0のDVD」のレビューはこちらをクリック

LINEに登録で1回無料でスイング診断 詳しくはこちらをクリック

ゴルフ上達無料メルマガ登録はこちらをクリック パッティングの極意をまとめたPDFをプレゼント中

    

特集記事一覧



運営者情報

日本プロゴルフ協会会員

ティーチングプロ

野山佳治

動画にて自己紹介

運営者情報

レッスン情報

ライン登録でスイング診断が1回無料

友だち追加
ラインに登録していただきますと、あなたのスイングを無料で 1回診断いたします。

ライン登録後あなたのスイング動画をお送りください。

LINEを使ったスイング診断  詳しくはこちらをクリック

ゴルフ力UPレッスン2.0

「なぜ」を知り、ゴルフ力を上げスコアUPする

ゴルフ力UPレッスンのDVDはこちらをクリック

【ゴルフ上達無料メルマガ】登録で3大プレゼント中

ゴルフ上達無料メルマガに 登録していただいた方に
3大プレゼント中
1.パターの極意をまとめたPDF
2.100切り診断テスト
3.オンラインスイング診断

ゴルフ上達のためのヒントを 配信しているメルマガです ゴルフ上達無料メルマガ登録はこちらをクリック

サイトマップ