目指せシングル 現役レッスンプロが教えるゴルフ上達練習方法


ゴルフ上達無料メルマガ登録はこちらをクリック 登録で3大プレゼント中
1.パターの極意をまとめたPDF 2.100切り診断テスト 3.オンラインスイング診断(1回)


【注目記事】最速で上達する「ゴルフ力UPレッスン2.0のDVD」のレビューはこちらをクリック

LINEに登録で1回無料でスイング診断 詳しくはこちらをクリック

シャンクは上達の手前というのはなぜなのか?対処方法も徹底解説。


ラウンドをしていて当然出るシャンクは、真右に飛んでしまいますので、OBになったり林に入ってしまったりしまいますし、1回出ると、2回3回と続きやすいのでスコアを大きく崩しやすいです。

また気分も落ち込んでしまいますが、同伴者にシャンクは上達の手前だからそんなに心配しなくて大丈夫だよ。むしろ喜んだ予報がいいよ。なんていわれてことはありませんか?

ミスショットが上達の手前なんて、いまいち納得がいかないかもしれませんが、なぜそう言われているのかについてかいせつさせていただきます。

スポンサーリンク

なぜ上達の手前でシャンクが出るのか

ゴルフを始めたばかりののゴルファーの多くはスライスを打っています。このスライスを直そうとするとシャンクが出てしまいます。スライスが出てしまう原因は、アウトサイドインの軌道です。

アウトサイドインに振ると球をこするような形になりますので、スライスしてしまうのですが、このスライスを直そうとするとシャンクが出てしまうことがあります。

ダウンスイングでクラブを手元だけでインサイドから降ろそうとすると、シャンクが出てしまうことがあります。手元だけでクラブヘッドをインサイドから降ろそうとすると、クラブが寝てしまいシャンクが出てしまうことがあります。

ダウンスイングでクラブが寝て、フェースが開き、インサイドから降りてきてしまうと、シャンクがでてしまいます。

ダウンスイングで手の位置はアウトサイドインで打っていた時と同じ位置で、クラブをインサイドから降ろそうとするとシャンクが出てしまいます。

このように、さらなる上達を目指してクラブヘッドの軌道を変えようとしたときに、シャンクが出てしまうのですが、まさにこれが、上達の手前でシャンクが出てしまう原因です。

シャンクが出ないようにするには

ではアウトサイドインの軌道を修正するときに、シャンクが出ないようにするにはどうしたらいいかということですが、手元だけで調整するのではなく、スイング中の体の使い方を変える必要があります。

まずアウトサイドインの軌道になってしまう原因は大きく2つあります。それは、バックスイングでの肩の回転不足と、切り返しでのタイミングが早いということです。

バックスイングで肩の回転が浅くなってしまうと、トップの手の位置がアウト(頭に近い位置)に上がってしまいますので、その位置からだとどうしてもアウトサイドからクラブを下ろしやすくなってしまいます。

バックスイングで肩がしっかりと回転できていれば、トップの手の位置は頭から少し離れた位置(インサイド)にあがりますので、その位置からだとダウンスイングもインサイドから降ろしやすくなります。

そして、アウトサイドインの軌道になってしまうもう一つの原因である、切り返しのタイミングが早いということですが、これはいいかえると、ダウンスイングで肩がダウンスイング方向に回転し始めるのが早いということです。

ダウンスイングで肩が回転し始めるのが早く、腰と一緒に回転してしまうと、トップでは手が高い位置にありますので、底から一気に手やクラブを引き下ろすので、アウトサイドインの軌道になってしまい、スライスが出やすくなります。

ダウンスイングをインサイドから降ろすには、切り返しで腰から動かすようにし、腰の後に肩がダウンスイング方向に動くようにしてください。

スポンサーリンク

切り返しで腰が先に動き、少し左に平行移動すると、手の位置が少し下がります。その下がった位置から肩が回転すれば、クラブヘッドはアウトサイドから下りることがなく、オンプレーンの軌道で下りてきます。

トップから腰だけをダウンスイング方向に動かそうとしても、なかなか難しく、肩も一緒にダウンスイング方向に動いてしまいます。そうなると、アウトサイドからクラブが降りてきてしまいます。

この切り返しで腰を先行させる動きはなかなか難しいのですが、上手くおこなうようにするためのコツは、バックスイングでクラブがまだ上がっている途中に腰を左に動かすことです。

この切り返しの動きはとても重要で、スイングの肝と言える部分です。この腰が先行する動きができれば、アウトサイドインが直るだけでなく、インパクトで左足に重心を乗せることができますので、ダフリやトップを減らすことができ、上半身と下半身の捻転差を大きくすることができるので、飛距離を出せるようになります。
LINE登録であなたのスイング無料で1回診断します

シャンクが出ないようにするためには

アドレスでボールの近くに立ってしまうと、シャンクが出やすいです。特に手と体の距離が近すぎると、窮屈でボールを打てないので、インパクトでは手と体の距離がアドレスよりも離れます。

そうなると、アドレスでのクラブヘッドの位置よりも、前になってしまいシャンクが出てしまいますので、アドレスで手と体の距離が近くなりすぎないように気を付けて下さい。

あと、アドレスで前傾角度が深いと、バックスイングやダウンスイングで起き上りやすくなります。そうすると、アドレスよりもお腹が前に出ますので、手も一緒に前に出やすくなります。そうなるとクラブヘッドもアドレスの位置よりも前に出るのでシャンクが出てしまいます。

またシャンクはダウンスイングがインサイドからフェースが開いて下りてくると、出やすいのですが、逆にダウンスイングがアウトから降りてきてしまってシャンクしてしまうこともあります。

ダウンスイングで右足が前に出てしまう(ボールに近づいてしまう)と、手の通り道がなくなってしまうので、インパクトで手が前に出てしまいシャンクが出てしまいます。

シャンクが出ないようにするのみ簡単にできて、かなり効果があることとしましては、切り返しで左の脇を締めるようにするといいです。左脇を締めるようにすると、インパクトで手が体から離れすぎることがなくなりますし、フェースも開かなくなります。

シャンクが出ないようにするには
・アドレスで手と体の距離を適正にする(近づきすぎない)
・前傾角度を適正にする(深くしすぎない)
・ダウンスイングで右足(膝)を前に出さない
・スイング中に前傾角度を保つ(起き上らない)
・ダウンスイングで左脇を締める

シャンクが出ないようにするための練習方法

シャンクが出ないようにするための練習方法ですが、右足を後ろに引いてつま先で立ちます。重心はほぼ左足に乗せておきます。この状態でボールを打つ練習をします。

この練習をすると、右足が迄に出ないので、ダウンスイングで手の通り道ができ、インパクトで手が前に出なくなるので、シャンクが出なくなります。このドリルで手や右足を前に出さずに、ボールを打つ感覚を掴んでください。

まとめ

上達の手前でシャンクが出てしまう原因はご理解いただけたでしょうか?シャンクは打った時の音も嫌な音がしますし、打感がとても悪いうえ、真右に飛んで行ってしますのでスコアも悪くなるので、この記事を参考にしていただき、一刻も早く直してください。

シャンクが出てしまう原因が分かれば後はその原因を潰すだけです。シャンクを直すのはそれほど難しいことではありませんので、まずは自分のスイングをスマホで撮影して、シャンクの原因を見つけてください。

自分のスイングをしっかりと見ることはとても重要ですので、シャンクが出ているときだけではなく、是非定期的に撮影するようにしてください。自分のしたい動きと実際の動きは違いがありますので、その違いを探しだしその違いをなくすように練習してください。
ダフリやトップが出てしまったり、球筋が安定しないようであればLINEに登録していただければあなたのスイング無料で1回診断します

スポンサーリンク
  電話での予約と予約サイト楽天GORAでの予約それぞれのメリットとデメリット

【注目記事】最速で上達する「ゴルフ力UPレッスン2.0のDVD」のレビューはこちらをクリック

LINEに登録で1回無料でスイング診断 詳しくはこちらをクリック

ゴルフ上達無料メルマガ登録はこちらをクリック パッティングの極意をまとめたPDFをプレゼント中

    

特集記事一覧



運営者情報

日本プロゴルフ協会会員

ティーチングプロ

野山佳治

動画にて自己紹介

運営者情報

レッスン情報

ライン登録でスイング診断が1回無料

友だち追加
ラインに登録していただきますと、あなたのスイングを無料で 1回診断いたします。

ライン登録後あなたのスイング動画をお送りください。

LINEを使ったスイング診断  詳しくはこちらをクリック

ゴルフ力UPレッスン2.0

「なぜ」を知り、ゴルフ力を上げスコアUPする

ゴルフ力UPレッスンのDVDはこちらをクリック

【ゴルフ上達無料メルマガ】登録で3大プレゼント中

ゴルフ上達無料メルマガに 登録していただいた方に
3大プレゼント中
1.パターの極意をまとめたPDF
2.100切り診断テスト
3.オンラインスイング診断

ゴルフ上達のためのヒントを 配信しているメルマガです ゴルフ上達無料メルマガ登録はこちらをクリック

サイトマップ